« ブログを再開します。 | トップページ | 渡りの実演 »

2012年1月16日 (月)

振り替え(ふりかえ)の実演 

  放鷹術の実演前に、オオタカ等を会場の雰囲気に慣れさせるために、5人の鷹匠に据えられた鷹が登場して、草が置かれた場所を中心に鷹匠が円を描いてゆっくりと歩いて行きます。
  数周回したところで、田籠善次郎鷹師の挨拶があり、いよいよ実演開始となります...

    振り替え(ふりかえ)とは、鷹匠の拳から別の鷹匠の拳へと、鷹を飛び移らせることです。(会場配布パンフレットを参考に)

  最初に女性の鷹匠から田籠鷹師に向けてオオタカを飛ばします。オオタカは超低空であっという間に田籠鷹師の鞢(えがけ)鹿皮の手袋上に、そして今度は田籠鷹師から女性の鷹匠へとオオタカを飛ばします。これが振り替えです。
 最後にオオタカは女性の鷹匠から褒美の生肉片をもらい、おいしそうに食べていました。

11

21

31

41

51

61

71

81

91

101

111

121

131

141

151

161

171

181

191

201

211

221

231

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

|

« ブログを再開します。 | トップページ | 渡りの実演 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150362/43762525

この記事へのトラックバック一覧です: 振り替え(ふりかえ)の実演 :

« ブログを再開します。 | トップページ | 渡りの実演 »