« 南米の動物その2 | トップページ | Nikon 1 V1 導入 »

2011年12月 1日 (木)

南米の動物その3

 第三回目で南米の動物の最後となります。

 1枚目はヤギの赤ちゃんと現地の女性です。

 2枚目から6枚目まではサクサイワマン遺跡付近にいたアルパカで、 非常に長い毛をしています。
 アルパカ(Alpaca)には2種類あって、垂れるように毛の長いスリ(Suri)と、毛立ちのために体が丸々としたワカヤ(Huacaya)とがいます。
 以前はリャマとアルパカを分けて飼育して、リャマは荷物運搬用に、アルパカは衣服用にと、分けていたようですが、最近は一緒に飼育したりして、雑種も生まれたりして、見分けがつきにくくなっているようです。

 7枚目は高原にいたろばでしょうか?

 8.9枚目はマチュピチュ遺跡にいたリャマです。
現地人ガイドが「リャマはじゃまです」 なんて親父ギャグを言っていました...

Img_0021

Img_0036

Img_0039

Img_0041

Img_0042

Img_0043

Img_9938

0314

0315

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

|

« 南米の動物その2 | トップページ | Nikon 1 V1 導入 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150362/43210914

この記事へのトラックバック一覧です: 南米の動物その3:

« 南米の動物その2 | トップページ | Nikon 1 V1 導入 »