« タゲリ | トップページ | 南米の動物その1 »

2011年11月23日 (水)

Sachtler雲台用クロスノブの変更

 たまに使用している大型雲台(Sachtler DV10SB)用のクロスノブですが、やっとフックで荷物掛けられるようにしたのですが、使用していると純正のクロスノブでは短かく、締めづらいので水平を出すのに不便でした。 (写真1枚目の左側短い方)

 そこで代用品をさがしていると、下のクラスの雲台FSB8用に標準付属のクロスノブが販売されているのがわかりました。しかし鍔が魚のしっぽみたいな形で、長さは良いのですが、締めづらそうなので、最終的にDaiwaの100mmボールレベラーを見つけ、前回も利用した業務用の映像機材を扱っているお店で尋ねてみると、お店の方はさかんにFSB8に付属のクロスノブを勧めて、Daiwa製品はねじのところが長いこと使用していると問題が起きる可能性があり、やめた方が良いと何度も言われました…
 結局、自分の責任と判断でDaiwaの100mmボールレベラー(写真1.2枚目の右側)を選んだところ、今度はメーカに部品がひとつあるが、バラバラなので組み立ててから出荷するので、期間がかかるといわれましたが、それでも良いと答えると、ようやく了解してもらえて、発注してもらえました。
 多少待たされましたが、無事に品物が届きましたので、早速 専用クロスノブを外して、Daiwa製のクロスノブに交換してみると、何の問題も無くしっかりとロックがかかり、水平を出すのにも楽になりました。しかし別な問題も発生してしまいました。
 それは、Daiwaのクロスノブは表面の穴が深く、ねじも切っていないので、荷物を掛けられるフックをどのようにして取りつけるか思案中です…また悩みが増えました?

11

21

31

41

51

61

71

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

|

« タゲリ | トップページ | 南米の動物その1 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
私もdaiwaのビデオ用三脚使ってますが
もうフックは諦めました~良いの見つかって
良かったのか~ミサゴやっと70点
奉納します。

投稿: とらりん | 2011年11月28日 (月) 19時19分

 そうですか、とらりんさんは
フックは諦めたのですか...
難しそうですね、

投稿: LINNET | 2011年11月29日 (火) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150362/43111901

この記事へのトラックバック一覧です: Sachtler雲台用クロスノブの変更:

« タゲリ | トップページ | 南米の動物その1 »