« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

南米の動物その2

2回目は牛です。

 ペルーはスペインの植民地だったこともあり、入植者が牛を連れてきました。
その影響か闘牛用の牛が高原で飼育されています。高地では牛の気性が荒くなるので
闘牛用には良いようです。
また牛に関連した話題で、ペルーのクスコ周辺の屋根の上には牛2頭、もしくは
牛2頭の間に十字架、風見鶏等が組み合わせられている置物が多くありますが、
この牛がトリート.デ.プカラと呼ばれているプカラ牛(雄牛)です。
ようするにお守りのようなものです。
家の魔除けや幸福を運んでくると信じられています。

Img_9964

Img_01

Img_2

Img_3

 それとペルーの山間地方の家の中では「クイ」という食料用のネズミ(天竺ネズミの仲間)
を飼っていました。(最後の写真)
 最近「クイ」は高級食材にもなってきていて、家の中で飼っていると暖かいそうです。
暖房にもなるのでしょうか?

04

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

南米の動物その1

 私のブログに来られる中で、動物好きの方もおられるようで、良く動物の写真を見て下さっております。 誠にありがとうございます!
 そこで数は少ないのですが、野鳥だけでなく南米の動物も紹介したいと思います。

 まずはハナグマです。
アナグマに似ていますが、アライグマ科の動物で鼻.尾共に長く、尾にはリング状の模様があり、体の半分ちかくあります。
 私が撮影したハナグマはイグアス国立公園でしたが、中央アメリカから南米の中央部に多くいるようです。

 一見ユーモラスな風貌ですが? かなりどう猛です。歯がするどく、噛まれると
大けがをします。爪も長くするどいので、餌などであまり近くには行かない方が良いと
思います。

Img_8978

Img_8982

Img_8988

Img_9354

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

Sachtler雲台用クロスノブの変更

 たまに使用している大型雲台(Sachtler DV10SB)用のクロスノブですが、やっとフックで荷物掛けられるようにしたのですが、使用していると純正のクロスノブでは短かく、締めづらいので水平を出すのに不便でした。 (写真1枚目の左側短い方)

 そこで代用品をさがしていると、下のクラスの雲台FSB8用に標準付属のクロスノブが販売されているのがわかりました。しかし鍔が魚のしっぽみたいな形で、長さは良いのですが、締めづらそうなので、最終的にDaiwaの100mmボールレベラーを見つけ、前回も利用した業務用の映像機材を扱っているお店で尋ねてみると、お店の方はさかんにFSB8に付属のクロスノブを勧めて、Daiwa製品はねじのところが長いこと使用していると問題が起きる可能性があり、やめた方が良いと何度も言われました…
 結局、自分の責任と判断でDaiwaの100mmボールレベラー(写真1.2枚目の右側)を選んだところ、今度はメーカに部品がひとつあるが、バラバラなので組み立ててから出荷するので、期間がかかるといわれましたが、それでも良いと答えると、ようやく了解してもらえて、発注してもらえました。
 多少待たされましたが、無事に品物が届きましたので、早速 専用クロスノブを外して、Daiwa製のクロスノブに交換してみると、何の問題も無くしっかりとロックがかかり、水平を出すのにも楽になりました。しかし別な問題も発生してしまいました。
 それは、Daiwaのクロスノブは表面の穴が深く、ねじも切っていないので、荷物を掛けられるフックをどのようにして取りつけるか思案中です…また悩みが増えました?

11

21

31

41

51

61

71

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

タゲリ

 コウライアイサのオスを撮影した後に
寄り道をしてタゲリを撮影して来ました。久しぶりのタゲリでした。

11

21

31

41

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

コウライアイサ再び

 前回の時にデジスコ撮影と同時にデジ一眼でも撮影していました...
その時のデジ一眼撮影分です。

 コウライアイサが餌探しをしながら、上流に向かっていると
突然川岸にカラスの大群が現れ、コウライアイサ達に威嚇行動を始めました…
 執拗なカラスのアタックにコウライアイサ達はたまらず、逃げ惑っていましたが
何とかやり過ごしたところで、突然川下に向けて飛んで行ってしまいまい、
 これで、コウライアイサのショーは終わりとなってしまいました。
物足りない気持ちでしたが、時間の制約もあり機材を収納して撤退することにしました。
 約1時間程の撮影でしたが、効率良く撮影することが出来たと思っております。

11

21

31

41

51

61

81

91

111

121

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

コウライアイサのオス

 珍鳥のコウライアイサのオスですが、
前回はからぶりで会え事ができずに、今回2度目の挑戦で、ようやっと見ることが出来ました。
 コウライアイサのオスは元気に水面を泳ぎ回っていたので、こちらも気合いを入れて? 
久しぶりにデジスコで大量に撮影して来ましたが、
 帰ってパソコンの画面で見ると自分で想像していたよりはいまいちで、改めて腕の悪さを痛感します...
落ち込んでしまいますが… それでも、本日 コウライアイサのオスに会えたので、とても得した気分になりました!
 今後、おそらくもう二度と出会うことがないと思われます? コウライアイサのオスの画像をご覧下さい!

21

31

61

71

81

91

101

111

121

131

141

151

161

171

181

191

201

211

221

231

241

251

261

271

281

291

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

続 南米の野鳥

 以前に南米の野鳥を5回に渡って載させて頂きましたが、編集していて
載せるのを忘れた野鳥や、名前が判明した野鳥が出てきましたので、
改めて貼らせて頂きます。
 日本名がわかった分も追加しますので、よろしくお願いします。

1枚目の画像が BlackPhoebe(クロツキヒメハエトリ)です。
 可愛いい鳥なのにユニークな名前ですね?
2枚目の画像は Peruvian Sierra-Finch(ペルーヤマシトド)です。
3枚目の画像は Great Kiskadee(キバラオオタイランチョウ)です。
4枚目の画像は Plush-crested jay(ルリサンジャク)です。
5枚目の画像は 名前が特定出来ません..南米のクロツグミの仲間なのでしょうが?
6枚目の画像は 南米ではファルコンなのでしょうが、特定できません...
7枚目の画像は 駅前の電線に止まりましたが、名前がわかりません...
8枚目の画像は これも名前がわかりません…

以上で南米の野鳥は終了となります。

Blackphoebe

Peruvian_sierrafinch

Great_kiskadee

Plushcrested_jay

Chiguanco_thrush

1

2

3


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »