« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月21日 (金)

南米で出会った野鳥(マイフォトに追加)

 マイフォトに南米で出会った野鳥というコーナーを設けました。南米シリーズの記事で
掲載した野鳥達ですが、名前が判明しない写真は番号になっております。名前がわかった段階で変更しますので、ご了解下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

アンデスカラカラ(ビデオ)

 ペルーのマチュピチュ遺跡にいた、アンデスカラカラというタカ目ハヤブサ科の鳥でビデオでも撮影しました。

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします!  動画ランキングに参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

IGUAZU FIELD GUIDE

 今回の南米の旅で撮影した野鳥名を主に調べたのは
アルゼンチンのイグアス空港で購入したIGUAZU FIELD GUIDEという本でした。
 あまり期待しないで、自分の土産程度と思い購入しましたが、
内容が結構良くて、鳥類以外に動物、は虫類、魚類、昆虫、植物等も載っていて
思ったより役に立ちました。
Marcelo Beccaceciというところから発行されています。

11

21

31

41

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

南米の野鳥その5

 7日目は今回のメインイベント? マチュピチュ遺跡を目指します...
バスでオリャンタイタンボ駅に行き、高原列車を待っていると、構内の
花に突然ハチドリが現れました。とっさにカメラを向けたのですが、背景に
ピントを持って行かれるので、慌ててマニアルに切り替えて撮影しようとすると
飛び去ってしまいました。ほんの数秒の出来事でとても残念でした。
ハチドリとの出会いはこれが最初で最後となり、その後は一度も見ることが出来ませんでした...
 気をとりなおして? アグアスカリエンテス駅でシャトルバスに乗り換え、遺跡入り口から歩き始めます。
ガイドについて歩き始めると左前方の木上に動く物が…
最初の1枚目ですが、色調補正して何とか見れますが、名前がわかりません、
 さらに高度を上げて上っていくと、また藪中で動く物がいました。皆さんへばってきてガイドさんから休憩の声が上がったので、
チャンスと思い、路肩によってピントをマニアルにして撮影しました。
 それが2枚目の写真ですが、Rusty-margined Guanです。最初はハトかと思っていましたが、帰って画像を見たらびっくりしました。
やっとのことでマチュピチュ遺跡にたどり着いて、素晴らしい絶景を堪能(3枚目の写真です。)しながらガイドの説明を受けた後に、
撮影の自由時間となったので、あたりを探していると岩場の上につがいの鳥を発見、(4.5.6枚目の写真です。)急いで直行です…
他にも観光客がいましたが、鳥たちは逃げることなく羽繕いをしていました。
はやる心を抑えて夢中になって撮影していました…(後で帰国してから見ると、思ったより撮影枚数が少なかったです。)
 現地の方がこの鳥をファルコンと呼んでいましたが、帰国してからファルコンという名前で調べましたが見つかりません…
結局ファルコン(ハヤブサ)で間違えではないのですが、和名 アンデスカラカラ(学名:Phalcoboenus megalopterus)
(タカ目ハヤブサ科) 英名 Mountain Caracaraということが判明しました。 
 このアンデスカラカラが今回の野鳥撮影の最後となりました。

 以上をもって南米の野鳥撮影は終了となりました。この後は夕方クスコでフォルクロ-レショ-を見ながら食事をして、翌日から再び長い空路(機内泊)を経て、
無事に日本へと帰ってまいりました。
 今回短期間で珍しい野鳥を撮影することができましたが、全体から見るとまだほんの一部にすぎません..
また機会があればと思うのですが、おいそれと行ける場所でもないのでこれで最後かもしれません? まだまだ野鳥を撮りたい願望はつきないのですが…

 拙い記事に最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました! 南米の野鳥はこれで THE ENDです。

11

23

31

41

51

61

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

南米の野鳥その4

 6日目はリマから一気に、富士山より高い標高3,400mのクスコに行き、
ピサロによって征服されたインカ帝国の遺跡見学です。
 ここは16世紀にスペイン人の征服により、インカ帝国は滅びてしまい、神殿や宮殿を破壊し黄金を持ち去り、インカの基礎石の上にスペイン教会などを建設しました。しかしその後の大地震によってスペイン人の建てた部分は壊れてしまいましたが、インカの基礎はびくともせずにそのまま残ったそうです。

 野鳥探しのほうは遺跡見学をしながら、マイペースで? 
空気が薄いのでゆっくりと歩きながらの捜索です。
 最初に草の中にいる1枚目の鳥を見つけましたが、名前はわかりません…
2枚目も正面からなのでわかりません、3枚目と4枚目はChalk-browed Mockingbirdでしょうか?
5枚目はChiguanco Thrush (Turdus chiguanco)ナンベイツグミでしょうか?
6.7枚目はアカエリシトド(Rufous-collared Sparrow)です。

 ペルーは世界でも鳥の種類が多く、その数は1,800種類以上ともいわれていて、
確認種類はさらに増えているそうです。
観光の片手間になんて、そう甘くはないですね?

11

21

31

41

51

61

71

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »