« 石垣島野鳥撮影旅行の2日目 (西表島へ) | トップページ | インドハッカ »

2011年5月 2日 (月)

石垣島野鳥撮影旅行の3日目 

 いよいよ泣いても、笑っても? 石垣島野鳥撮影旅行も最終日となってしまいました。
朝起きると昨日の大雨とうって変わって、天気は最高です!
 早速、朝食前に宿の近辺を散策すると、チュウダイズアカアオバト.イシガキシジュウカラ等. 海側ではイソシギに会うことが出来ました。 
朝食後はお世話になった宿ともお別れをしてリュウキュウアカショウビンのポイントを目指します...
 これは同行の鳥仲間がリュウキュウアカショウビンを見たことが無いというので、是非ということで探すことにしました。
 海岸沿いのポイントから散策を始めましたが、リュウキュウアカショウビンの鳴き声は聞こえてきません…
 かなりの広範囲を探しましたが、見つかりませんでした。
暑さでのどが渇いたので、自販機でお茶を購入し、二人で休憩していると、管理人の方が通ったので挨拶をして、リュウキュウアカショウビン探していると話すと、
 良く欄干の上で、ヤドカリを打ち付けて食べているが、今年は見ていないとの話でした。
そのうち仲間の方が来たので、呼んでくれて「リュウキュウアカショウビンはいるか?」と聞いてくれると、仲間は「朝と夕方に鳴声を聞いているよ、川沿いを探すと良い」と教えてくれました。
 早速鳥仲間と川沿いの道を上っていくと電線上にイソガキシジュウカラがいたので、撮影を開始するとすぐに飛び去り、代わってリュウキュウサンショクイが飛んできて、頭上の電線に止まりました。
 このように、石垣ではいろいろな野鳥に出会えて、見る野鳥がほとんど初見初撮りというのは凄いものです…
 さらに道を上っていくと行き止まりになったので、もと来た道に引き返し下って行くと、突然リュウキュウアカショウビンの鳴き声が聞こえて来ました!
 鳴き声の方向に鳥仲間と向かいますが、かなり距離がありそうです? 周りに木がうっそうと茂っているので、探すのはそう簡単にはいきません...
 鳴き声は橋を渡った途中あたりで、時々聞こえて来ます。
鳥仲間が先に橋を通過していったので、てっきりいないと思いこんで、橋の隙間から何気なくのぞいて見るとリュウキュウアカショウビンがこちらを見ていて、
 私と目が合うと慌てて下に飛び去っていきました… 
わずか一瞬の出会いでしたが、私だけ2回もリュウキュウアカショウビンを見れたのは
鳥仲間に対して申し訳ないと思い、その後も懸命に探しましたが、それっきりリュウキュウアカショウビンの声は聞こえなくなってしまいました。 とても残念です…
 しかたがないのですが、アカショウビン探しはあきらめて、次のポイントに車を走らせていると、また電線上にカンムリワシが止まっているのを見つけたので、車の安全を確認して車を止めます。 
 まずは窓を開けて、車内から証拠写真を確実に撮影してから、おもむろにそっと車外に出て撮影を始めましたが、カンムリワシは近距離なのに、逃げようともせずにジッと電線に止まっていてくれます…
 鳥仲間の連射するシャッター音がとなりで聞こえてきます… 私もかなりの枚数を撮影したので、今度は車内の三脚をそっと取り出してセットしますが、
 それでも飛び立つ気配はありません…このチャンスにとハイビジョンムービーも撮らせてもらいました。
 カンムリワシが私のシャッター音で時々こちらを睨め付けますが、飛び去るまでにかなりの時間にわたって撮影する事が出来ました。 とてもラッキーでした!
 よくを言えば電線ではなく、枝どまりが撮影したかったのですが… 贅沢すぎますね? 
またしばらく車で走行すると今度は電線にコムクドリが止まっていたので、これも撮影して、いよいよ本命のインドハッカのポイントへ向かいます。
 この野鳥は是非見たいなと思っていていたのですが、ほぼ99.9%会えないと思っていた鳥だったので、駄目もとで現地に行ってみました。
 現地に着くと頭の中で考えていたよりも、かなり広い場所だったので、どうやって探そうかと途方にくれてしまいました…
 気をとりなおして、たまたま遠方の丘を双眼鏡で見ていたら、頭の黒いのが動きましたので、注意して見ると黄色い目の周りの部分が見えてきたので、
 もしやと思い気をつけて見ていると、少しづつ全体が見えてきました..
何とあれほど見たいと思っていたインドハッカです! 思わず双眼鏡から目を離さないで「インドハッカ.インドハッカ」と叫んでいました…
 鳥仲間もあわてて飛んできて、「良く見つけたなー」と言って二人で喜んで撮りまくりでした。
 しかしインドハッカはあちこち忙しく動き回ったあげく、最後は飛び上がって木の中に入ってしまい、綺麗な声で鳴いているだけです…
 これでは撮影出来ないので、お昼にしようと二人で食事を始めると、突然木の中から飛び出して、遠くに飛んで行ってしまいました…
 鳥仲間は飛んでいくときの羽を見て「綺麗だったなーあ」といって食事をしていました。
私もうなずいて、残りのお弁当を食べ終えた時点で、インドハッカ撮影を終了としました。
 念願のインドハッカにも会えたので、次の撮影場所は一度初日に寄った農園に行くことにしました。しばらく走って再び農園に着き、車から降りると先日の主人が出てきて、「キンバトは見れましたか?」と尋ねてきたので、「いいえ、駄目でした」と言うと「昨日はキンバトが来ていました。」と言われたのでまた探してみようかという気になって、またトロピカルジュースを注文して雑談していると、突然我々の目の前の木にリュウキュウサンショクイが止まりました、止まった位置はちょうど我々から逆光になり、条件が悪かったのですが、
 すぐにシャッターを切り、数コマ押したところで飛び去られてしまいました。 なかなかじっくりと撮らせてもらえません…
 多少時間があったのでまた農園内を少し散策させてもらいましたが、やはりキンバトには出会うことが出来ませんでした。タイミングが悪いのでしょうか?
 そうこうするうちに、帰りの飛行機の時間まで数時間となってきたので、石垣空港を目指すことにしました。少し走ったところで、また.またカンムリワシを発見!
 今度は電柱の上です。絵適にはいまいちですが、とりあえずカンムリワシを撮影してから、再度河口のクロツラヘラサギを探しに行こうと鳥仲間と相談して車を走らせます。
 河口に到着後は歩いて付近を探したのですが、やはりクロツラヘラサギはいませんでした…
 そう甘くはありませんね、イソシギの群れを撮影してから、早めにレンタカーを返して飛行場に向かい、さらに空港で手荷物のチェックを受けてから、鳥仲間とレストランでビールで乾杯して、羽田へと飛び立ちました。
 帰りの便は10分程遅れましたが、家には夜の11時ころに無事帰れました。
 短期間の駆け足撮影旅行でしたが、珍しい野鳥とも出会えて、とても思いで深い旅行となりました。
 これで石垣島野鳥撮影旅行は終了です。
拙文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑アイコンの応援クリックをよろしくお願いします! ブログランキングに参加中

|

« 石垣島野鳥撮影旅行の2日目 (西表島へ) | トップページ | インドハッカ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150362/39829454

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島野鳥撮影旅行の3日目 :

» 石垣島1人旅 [1人旅おすすめの宿【女性-男性】]
1人旅おすすめの宿【女性-男性】です。1人旅におすすめの宿を紹介しています。よかったら遊びに来てください。ご迷惑でしたら、お手数ですが削除お願いします。 [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 16時55分

« 石垣島野鳥撮影旅行の2日目 (西表島へ) | トップページ | インドハッカ »