« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

キョクアジサシを待っている間に、鵜が枝をくわえて泳いでいました。
巣でも作っていたのでしょうか?

11

21

31

41

51

61

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

キョクアジサシ飛びもの

 キョクアジサシ飛びものです。
飛翔スピードが早すぎて、うまくフレームにおさめられませんでした...

21

31

41

51

61

71

111

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

キョクアジサシの飛び出し

キョクアジサシが岩場から飛び出すところです。

11

31

41

61

71

81

91

101

111

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

キョクアジサシのあくび

 キョクアジサシがあくびをしました。

11_2

21_2

31_2

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キョクアジサシ

 私の10年1月14日付け記事で其新聞が書いていたキョクアジサシが南極から
北極圏まで8万キロの旅をするという記事を見ていて、いつか見てみたいと書いておきましたが、まさか本当に見れるとは思いもしませんでした…
私にとってキョクアジサシは珍鳥なので、
本日、暑い炎天下の中でも頑張って出かけて来ました。
現地に着くとキョクアジサシはちょうどテトラポッドの上で休憩中でした。
その後、アオバトが水飲みに来る岩場に移動したので、離れた距離から大量に写さてもらいました。飛翔シーンを含めて短時間で撮影して、暑い事もありキョクアジサシが再びテトラポッドの上に移動したのを最後に、撮影終了としました。
いろいろとかわいいポーズをしてくれましたので、どうぞご覧ください。

11

21

31

41

51

61

71

81

91

101

111

121

131

141

151

161

171

181

191

201

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

ザハトラー雲台

待望のザハトラーDV10SB雲台が、昨日アメリカから届きました。
アメリカのB&H に注文してからちょうど12日目でしたので、思ったより早く着きました。ちなみに税金は別途5,700円でした。
早速、箱から取り出してGitzo5541LS三脚に乗せてみました。特注の100mmボールプレートはかなり深くて、ザハトラーDV10SBがゆっくり動き、滑らかな動きにはとても満足です。ちなみにGitzoの純正100mmボールプレートはボールの深さが浅く、当然接触面積も少ないので、このセットには適さないないそうです。
知らないでGitzoの純正100mmボールプレートを購入しそうになったので、いろいろ調べておいて良かったです…
これで、ひとまず足回りは完成しましたが、かなりの重量になります…
上物が乗るとさらに重量が増しますが、果たして腰が耐えられるでしょうか?

11

21new

31new

41

51

61

71

81

91

101

111

121

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

個人輸入のGITZO 5型三脚とレッグカバー

 最近 円高が続いていたので、5型三脚(GITZO GIGT5541LS)をアメリカのB&H社、そしてレッグカバーを
レンズコート社から個人輸入しました。ネットで注文してB&H社の三脚は4日程で届きました。(B&H社は知床で会ったロシア人のA氏に教えてもらいました。)

1はGITZO三脚が来て、何もしていないノーマルの状態です。
2はザハトラー雲台がつく専用の特注ボール受け(100mm)台座をつけた状態です。
 (ザハトラー雲台はB&H社からまだ未着です、)
3は個人輸入のアメリカのレンズコート社の送り状です。
4はレンズコート社レッグカバー到着の状態です。
5はGITZOの三脚にレンズコート社のレッグカバーをつけた状態です。

円高のおかげで、かなり安く購入できました。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

タマムシの輝き

 前回に続いてタマムシの画像ですが、これで最後です。
このタマムシは知り合いのお子さんにあげることにしていたのですが、
その奥さんがタマムシを忘れて帰ってしまったので、もう一日だけ撮影
のチャンスが生じたので、ふたたびタマムシにモデルの対象となってもらいました…
マクロを使って、タマムシの輝きに挑戦してみたのですが、玉虫色は出ているでしょうか?

 ちなみにタマムシの羽を使った美術品では法隆寺の玉虫厨子(たまむしのずし)が有名ですね、
飛鳥時代の仏教工芸品ですが、興味のある方はインターネットで検索してみて下さい!

11

21

31

41

51

61

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

鳥類の天敵はタマムシ?

 家の前の道路を歩いていた時に、下がきらりと金属光沢のように光かったので、足下を見るとタマムシがいました。かなり衰弱していたので、帽子の中に入れて、家に連れて帰り、パキラの葉に乗せて、霧吹きで葉っぱを湿らせてやると、落ち着いたようで、葉の裏側でじっとしています。せっかくなので、マクロレンズで記念のモデルになってもらいました…
タマムシの好物をインターネットで調べると、エノキやケヤキがよいようですが、残念ながら我が家にはありません…パキラの葉っぱで当分我慢してもらいましょうか?
 時々、私が好んで撮影している鳥類は、天敵になりますが、鳥の習性としては色が変わるものをいやがる性質なので、タマムシが持つ金属光沢は鳥を寄せ付けないそうです。
 またタマムシの特定色を当てられないことから、どちらつかずの状態を「玉虫色」と呼んでいますが、特に政治家が好んで決着に使うようです? 

今回この奇麗な「玉虫色」を見て頂きたいので、画像を低圧縮でアップさせていただきます。

11

21

31

41

51

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

ハヤブサの空中給餌

 本日はどこに出かけようかと迷ったあげく、ハヤブサを見に行く事にしました。
現地に着くとハヤブサの雛も大きく成長していて、上空を飛び回っていました…
すぐに撮影に入り、ハヤブサの飛行をかなりの枚数を撮ったのですが、突然32Gのコンパクトフラッシュが故障です…せっかく撮影したのに、認識しなくなりました。ガッカリです!
しかたなく、別のコンパクトフラッシュに交換して、最初からやり直しです…
すると今度はハヤブサがおやすみモードにはいってしまい、動きがなくなりました。
それではこちらも、休憩ということで昼食を始めると、突然上空でハヤブサの空中給餌が始まりました。あわててお弁当を下に置いて、ふたたび撮影開始です…
幸い、かろうじて給餌シーンを撮影出来ましたが、証拠写真程度になってしまいました。
 拙い画像ですが、ハヤブサの飛び立ちから、空中給餌、そしてもらった餌をがっちり掴んでの飛行までのシーンをご覧ください。

11

21

31

41

51

61

71

81

91

101

111

121

131

141

151

161

171

181

191

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

久しぶりのヤマセミ

 本日は短時間でしたが、自分の車が使えたので、急遽
高速を利用してヤマセミに会いに行く事にしました。
車の流れはスムーズで意外と早く現地に到着しましたが、
肝心のヤマセミがいません…
 上流と下流をいったりきたりとヤマセミがいそうなポイントを
必死になって探しましたが、現れそうも無い雰囲気だったので、
機材のチェックをしたりして時間をつぶしていると、下流から聞き慣れた声が
してきましたので、その方向を見るとヤマセミが前方の電線に止まって
くれました。
あわててシャッターを押したのですが、数コマ写した所で飛ばれてしまい、
すぐに画像をチェックすると、全ての画像がぶれぶれでどうしょもありません…
デジスコを使う間もありませんでした。
しかたなく長期戦覚悟で、暑い中、ヤマセミが下流から戻って来るのを
待っていると、かなりの時間が経過したあとに、再び電線に帰って来て
くれました。
今日はブラインドを持参しなかったので、木にかくれながら、体をかくして
撮影しましたが、数枚でまた下流に飛ばれてしまいました…
今度はいつ戻って来てくれるのか?
時間も限られていたので、あきらめて早めの撤収としました。
今日は久しぶりにヤマセミを見る事が出来て、とてもラッキーでした。

1

2

3

4

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »