« プレートの共通化(野鳥撮影時) | トップページ | キジも鳴かずば撮られまい? »

2010年4月19日 (月)

私の一脚使用方法

 私は最近、一脚をよく使用して撮影しています。メーカーはベンロ(中国製)のカーボン製で剛性を求めてパイプの一番太いのを求めました。
遠征で重い機材がつらい場合は、デジ一眼と一脚だけで出かけています。
 私の一脚使用時は、撮影待機時に器材重量の負担軽減するために、一脚の底から補助の足を出して、自立させています。(安定が完全ではないため、手と足で補助します。)
そして一脚の高さは自分の目の高さになるように、パイプを調整します。最後に雲台のねじをフリーにして、カメラを下に押し付けるように構えて、
いつ野鳥が飛び出しても、シャッターが切れるような状態で待機しています。
あと移動時に楽なように、ベルト(通勤時に利用していた鞄の肩紐)を付けています。(画像参照)
これを肩にかけていると転倒予防にもなりますし、機材の安定性が増します。
 また船に乗っての撮影時には、このベルトを肩から通し、ズボンのベルトに小型の袋(100円ショップの袋)をつけて、この袋に一脚のゴム底を入れると安定が増して、撮影しやすくなります。(直に舟底に三脚等を立てたりするとエンジンの振動でカメラがぶれてしまいますの注意して下さい。)
 いろいろと便利な一脚ですが、何といっても手持ちよりは安定性が上がり、構図を決めるのにも便利ですし、三脚に比べても器材重量の軽減につながる事と、
長時間の移動にもとても楽であるなど良い事づくめなので、これからも一脚の出番が多くなると思います。

61

111

121

131

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

|

« プレートの共通化(野鳥撮影時) | トップページ | キジも鳴かずば撮られまい? »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
1脚ですか~。私は望遠にスタビ付いていませんので
使えませんね~
>>ジンバルとっとこさんから破格で譲り受けました
活用します~。

投稿: とらりん | 2010年4月19日 (月) 16時35分

 とらりんさん ジンバル導入ですか、おめでとうございます。
私は1脚使用時以外は、ほとんどジンバルです...
被写体(野鳥)の導入が早くなりますよ!

投稿: LINNET | 2010年4月19日 (月) 16時55分

ベンロ愛用してますね(*^^*)
ジンバルは買おうか迷ったんですがね~
今はボーグの微動で十分かな?

投稿: とちたん | 2010年4月19日 (月) 22時12分

 デジスコセットのプレート幅がちょうど
ベンロと相性が良かったので、必然的に決まりました?
価格も安かったので...最初は中国製なので、ためらいましたが
実物を見て、かなりしっかりしていたので使用しています。ボーグもいいですね!

投稿: LINNET | 2010年4月19日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150362/34294888

この記事へのトラックバック一覧です: 私の一脚使用方法:

« プレートの共通化(野鳥撮影時) | トップページ | キジも鳴かずば撮られまい? »