« オジロワシとシマフクロウ | トップページ | 雪上のカワガラスと蝦夷シカのオス »

2009年11月 7日 (土)

道東の海鳥とシマフクロウ

道東旅行その2

 2日目は1日フルにつかえるので、長距離走行を予定していました。
朝起きて宿の前を流れる川を見ると、カワガラスがいたのでまずは一眼での撮影です…(贅沢ですね)
朝食後は機材を積み込み、納沙布岬を目指して出発です。片道5時間30分近くかかります…途中でギンザンマシコが出た
という情報があったので明治公園に寄って、くまなく探しましたが見つかりませんでした…記念に園内のサイロだけ
撮影してきました。ついでに根室港にもよる予定でしたが、公園でかなりの時間を使ってしまったので、納沙布岬に直行です。
昼前には現地に着いたので、まずはと海をのぞいて見ると、いました!シノリガモが遠くに浮いています…まずは
デジスコで証拠写真を撮っていると、すぐそばにウミアイサのメス、ホオジロガモも浮いていました。ただし距離はかなり
あるので、一眼は使えません…他にいないかと思い、視線をずらすと、目の前の岩場にヒメウの群れがいました。
他にはカメラマンはいないので、二人で撮り放題です?
十分海鳥を撮影した後は、岬のお店で食事です。一番近いお店に入って食事を始めるとお店の人が北方領土の
案内をしてくれたので、帰りに改めてすぐ近くの島を見て来ました。いつになったら日本に返還してもらえるのでしょうか?
さて、お腹もいっぱいになったので、いよいよ春国岱を目指します。
ここは期待していていたので、ネイチャーセンターで情報収集の後、駐車場に車を停めてからクロガモ探しに入りました。
車から降りると風が強くて、海も荒れていたので、撮影条件はよくありません、防波堤沿いに双眼鏡で見ても、海がしけていて目的の
クロガモはいなかったです、どこかに移動してしまったのでしょうか?オナガガモの群ればかりです…
あきらめて違うコースをさがします。クマゲラが出没するという場所では木にあちこち穴が開いていましたが、
クマゲラが出てくる気配はありません…時期的に無理だと思っていたので、
他の場所もさがしてみましたが、だめで結局、珍しい鳥には会えませんでした…
残念です、期待していた場所だったので、羅臼に帰る道がとても長く感じました…
気分を切り替えて、夜の部に備えます?
羅臼の宿に着いた頃には、あたりは暗くなっていて、昨日に続いて の第二ラウンドに突入です。
撮影機材を下ろして、部屋に戻り夜間撮影のチェックをしていると夕飯の準備ができているとの声がかかったので、
下の食堂に降りて行くと、一人新顔です…何とロシア人のA氏でした。一人でシマフクロウの撮影に来たそうです。
5人で鳥の話題で盛り上がった後、いよいよ昨日に続いて車の中での二度目のスタンバイです…
ロシア人のA氏だけはブラインドに入っていました...
昨日に、相棒のニコンD300が故障してしまったようなので、私のサブ機を貸してあげてのスタートになりました…
昨日の撮影で要領はわかってきたので、ベストショットを目指して頑張るのみです...
しかし撮影が始まると昨日に比べて、シマフクロウの出が悪いようです。風が強く、寒いのも影響しているのかなと思っていると、
大分時間が経過してからシマフクロウのお出ましです。昨日とは違う木の枝に止まり、岩に降りて来ましたが、エサも採らずに飛んで
行ってしまったりとふりまわされていました…後でわかったのですが、今年生まれた雛のようでした。
体は親と変わらないので、気がつかなかったのですが、枝に止まっても強風に飛ばされまいと必死にしがみ付いているようで、かわいそうでした。
これから雛は初めての厳しい冬を生き抜いて行かなければならないのかと思うと、自然の厳しさをあらためて考えさせられました….
そのうち雪が降り出し、かなりの寒さになってきたので、何回かシマフクロウに写真を撮らせてもらいましたので、撮影はこれで終了という事で、
ガイドさんにお礼を言ってレンズを返しにいくと「もうあがるの?」と言われてしまいましたが、自分では十分に撮ったつもり
なので後悔はありません…また部屋に戻り、二人でビールで乾杯です。
友達も私のサブ機で撮影出来たようで、共に満足して、しばし鳥話の後、床につきました。
21_3 61_2 71_2 81_2 241


151 161

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 ランキングに参加していますので、野鳥写真のボタンをクリックお願いします。

|

« オジロワシとシマフクロウ | トップページ | 雪上のカワガラスと蝦夷シカのオス »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

これっばっかりは、財力と時間がなければ行けません。
僕が行くのなら・・・考えますがやはり、ケアンズの方を選びます。
両方なら北海道も選びたいです。

北海道ではタンチョウヅルが絶対に撮影したいです。

投稿: shin9n | 2009年11月 8日 (日) 23時56分

 SHIN9Nさん お早うございます。
そんなにお金をかけていませんが....
ケアンズも良いですけど、道東も良いですよ!
タンチョウヅルは常にいるようですが、今回は
会えませんでした....

投稿: LINNET | 2009年11月 9日 (月) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150362/32116677

この記事へのトラックバック一覧です: 道東の海鳥とシマフクロウ:

« オジロワシとシマフクロウ | トップページ | 雪上のカワガラスと蝦夷シカのオス »